携帯・スマホ料金の滞納はキャッシング審査に影響があるのか

スポンサーリンク

携帯・スマホ料金の滞納はキャッシング審査に影響があるのか

キャッシングの審査をする時に、これまでのキャッシング履歴が問われることは多くの方がご存じのことだと思います。しかし携帯やスマートフォンの滞納がどのように審査に影響するか知っている方は、どのくらいいらっしゃるでしょうか?初耳の方もいるかもしれませんね。スマホや携帯電話は分割して、購入している方が多いと思いますが、実はこの分割払いも信用情報機関に情報は登録されています。これらの携帯やスマートフォンの支払いがどのような影響をもたらすのか、今回はお伝えします。

携帯電話料金の滞納はキャッシング審査に影響があるのか

キャッシングで借り入れをしたお金が、期日までに返済をされているか?これは当然ながら信用情報機関に登録されています。では携帯やスマートフォンはどうなのでしょうか?

本体は分割して、ローンを組んで購入している方が多いはず。分割で1ヶ月1,000円前後など、大きな負担というわけでもありません。

しかし携帯電話の分割支払いもローンと同じ扱いとなり、油断して滞納をしているとキャッシングの審査に影響してくることも考えられます。

スマホの支払いが遅れるとどのような影響があるのか

その他のローン審査にも影響

ではもし携帯電話、スマートフォンの支払いが遅れると、どのような悪影響が起こることが考えられるのでしょうか。この分割払いが遅れると、消費者金融・銀行カードローンの審査だけではなく、その他の住宅ローンや自動車ローンを組むときにも不利になってしまいます。

分割で携帯電話を支払っているのであれば、ある意味ではこれも借金をしているのと同じことだからです。

就職への影響は?

携帯電話の分割払い滞納が、就職活動にも影響するのでは?ということがWEB上で書かれていることがあります。金融機関などに就職する時には、影響があるかもしれませんが、基本的には就職が不利になることはないのでご安心ください。

ではなぜ影響があるのか

信用履歴に傷が残ってしまう

では携帯電話の分割払い滞納が、なぜキャッシングの審査にまで影響してくるのでしょうか。これは個人情報信用機関での情報に傷が残ってしまうためです。1回この個人情報信用機関に傷ができると、その他のローンも含めた借り入れが厳しくなってしまいます。

個人信用情報機関のブラックリストになる

携帯電話やスマートフォンを購入するとき、多くの方が分割払いで契約をすると思います。この時に契約書にもしっかりと目を通して欲しいのですが「個別信用購入あっせん契約申込書」という書類があり、個人信用情報について記載があります。

もし携帯料金の滞納をした場合には、信用情報機関にその情報は登録されますよ、ということを証明する書類になります。携帯料金分割払いにおいてはCIC、という個人信用情報機関に登録が行われます。

大手携帯電話会社のNTTDoCoMoやSoftBank、auはこのCICに加盟しています。個人情報は共通して登録されているため、キャリアを変更しても履歴は残ります

履歴が残るのは5年間

もし滞納をしてしまうと、信用履歴に傷が残りブラックリスト入りをしてしまいます。このブラックリストの履歴は完済から5年間残ることになり、5年間は審査に悪影響が出てしまうことになります。もし滞納した請求を無視し続けると、強制解約になり不利益な状況が続いてしまうでしょう。

まとめ

実質支払額は無料で、最初はお金をかけなくても購入することができる携帯電話やスマートフォンですが、料金滞納をすると、信用履歴に傷が残ってしまいます。一度ブラックリスト入りをしてしまうと、5年間はその傷が残った状況でキャッシングやローン審査を進めないといけません。携帯やスマートフォンの支払いにも気をつけておきましょう。
スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました