学生キャッシングで審査に通るを少しでも可能性を高くするためのポイント

スポンサーリンク

学生キャッシングで審査に通るを少しでも可能性を高くするためのポイント

急な出費にも最短即日で融資可能なキャッシング。

正社員でなくても、パートやアルバイトの学生も利用することができることをご存じでしょうか?

学生の場合は、キャッシングを利用するときに勝手がわからず戸惑ってしまうこともあるかもしれませんが、キャッシング審査の注意点などを事前に理解しておくことで、安心して利用することができます。

さらに、審査に通るを少しでも可能性を高くするためのポイントを押さえておくことで、審査に通過できる可能性も高くなります。

ここでは、学生がキャッシングを利用する場合の、キャッシング審査を有利に進めるためのポイント、キャッシングに関する疑問点などについてご説明します。

キャッシングはアルバイトの学生でも申し込める!

消費者金融や銀行カードローンのキャッシングは、会社員やある程度しっかりとした収入を得ている人しか利用できないと思っていませんか?

学生だからという理由でキャッシングの利用が制限されることはありません。

年齢によるキャッシングの利用制限は20歳以上

たいていの消費者金融や銀行カードローンの利用条件には、「20歳以上」という年齢制限があります。

つまり、20歳以上であれば学生でもキャッシングを利用できるのです。

学生に限らず、たとえ正社員の場合でも20歳未満の人はキャッシングを利用することはできません。

もしもどこかで「20歳以下でも申込み可」という広告を見かけた場合は、それは違法な闇金の可能性があります。絶対に利用しないようにしましょう。

収入によるキャッシングの利用制限、安定した収入

キャッシングを利用するには、20歳以上という年齢制限のほかに収入による制限があり、この条件をクリアしないと審査に通る可能性は低くなります。

この条件は収入の高さではなく、毎月安定した収入が得られているかということです。

高い収入を得ている場合でも、月によって収入があったりなかったり、増減が激しい場合は審査に通るのは難しくなります。

学生の場合も、短期アルバイトや一時的な派遣アルバイトだけの場合は、審査に通りにくくなります。

たとえ金額が低くても、毎月決まった定期的なアルバイトをしていると、審査に有利になります。

学生のキャッシングに関する疑問をずばり解決!

20歳以上で、安定したバイト収入があればキャッシングを利用できることを理解していただけましたでしょうか。

それでは、キャッシングを利用したいけど、手続きや審査が不安でなかなか申込めないという学生の方のために、キャッシングに関するさまざまな疑問にお答えします。

申込みに必要な書類は運転免許証があればOK?

キャッシングの申込み時には、本人確認書類を提出する必要があります。

本人確認書類って何だろう?と不安に思っている方がいるかもしれませんが、本人確認書類は申込み者の名前、住所などを確認するためのものです。

「運転免許証」や「健康保険証」があればOKです。

学生証は本人確認書類としては利用できないので注意が必要です。

本人確認書類として使えるもの

  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • パスポート
  • 顔写真付の住民基本台帳カード
  • 在留カード、または特別永住者証明書(外国籍の場合)

本人確認書類として使えないもの

  • 大学の学生証
  • アルバイト先の社員証
  • クレジットカード

キャッシングと奨学金の借入はどう違うの?

学生がお金を借りる手段といえば、まず思い浮かべるのは奨学金。

奨学金とキャッシングは、どちらもお金を借りる手段には変わりありませんが、申込み方法やお金を受け取る方法、タイミングなどが全く異なります。

奨学金は、一定以上の能力があると認められた学生に対して、就学期間中に学費を貸し出す制度です。

学費と教育に関する目的以外に利用することはできません。

学生であれば基本的には誰でも申込むことができますが、成績と世帯収入による利用制限があります。

奨学金は、毎月一定額を借入し、卒業後に毎月決まった額を返済します。

キャッシングはまとまった金額を借入し、毎月返済します。

奨学金には、返済が不要な給付型、借入した分を返済する貸与型があり、貸与型の中には、利子がつかないものと、利子が加算されるものとがあります。

キャッシングと奨学金の違い

キャッシング奨学金
提供者民間の金融機関公的な団体、学校、自治体
利用者誰でも利用可学生のみ
利用制限金融機関ごとの審査あり成績による採用基準有り
収入による利用制限有り
保証人不要必要
申込み時期いつでもOK在学中
借入最短で即日、いつでもOK大学在学中のみ
借入の方法一時金を借入毎月決まった額を借入
返済利子を加えた金額を返済場合によっては無利子
返済不要な場合も有り
返済時の金利金融機関による最大年利3.0%まで
返済の猶予なし在学中は猶予有り

奨学金とキャッシングを両方申込むことはできる?

奨学金と消費者金融や銀行カードローンのキャッシングは、同時に利用することができます。

奨学金を借入している最中でも、さらにキャッシングを申込むことが可能です。

奨学金を借りていることで、キャッシング審査が不利になることはありません。

キャッシングだけでなく、国や民間の金融機関が提供する教育ローンも同時に利用することができます。

ただしこの場合は、教育ローンの返済が滞っていると審査に通らない可能性があります。

在籍確認って電話?何を聞かれるの?

消費者金融や銀行カードローンのキャッシングを申込むと、キャッシング審査が行われます。

その審査の中で、電話による勤務先の在籍確認というものが行われます。

具体的には、勤務先に「○○さんはいらっしゃいますか?」という電話がかかってくるだけで、ややこしいことを聞かれることはありません。

金融機関の担当者の個人名で電話をしてくれるので、キャッシングの利用が勤務先にばれる心配もありません。

これは、申告した勤務先に間違いなく在籍しているかを確認するための重要な審査項目なので、基本的には必ず行われます。

ただし、アルバイトの学生の場合は借入金額が10万円程度と少額なので、在籍確認を免除されるケースも多いようです。

短期アルバイトや、アルバイト先が頻繁に変わるような場合は在籍確認が取りにくいこともあるので、実際にところ、学生のアルバイト先に在籍確認の電話が入ることはあまりないようです。

学生がキャッシング審査に落ちてしまう理由とは?

学生だからといってキャッシングの審査規準が極端に厳しくなることはありません。

ですが、お金を融資する際には必ずしっかりとした審査が行われるので、場合によっては審査に落ちてしまうこともあります。

学生のキャッシングは、ここに気をつけよう!

学生がキャッシングを申込むときに審査に落ちてしまいがちな申込み条件をご紹介します。

これらの項目については、十分に気をつけて申込みをするようにしましょう。

  • 高額のキャッシングを申込む
  • 短期のアルバイトしかしていない
  • 属性情報などを間違って申込む
  • 他社での借入状況を正しく申告しない

高額のキャッシングを申請すると審査に通らない

アルバイトで定期的な収入があっても、学生が借入できるのは10万円から20万円程度です。

高額の借入を希望しても、審査には通りません。

学生は収入が少なく、本業である学業のため返済に多くの労力を割くことができないので、余裕を持って返済可能な金額までしか融資できないのです。

数十万円から100万円といった金額を希望しても、学生はそれほどの大金を返済することは難しいと金融機関側で判断されてしまいます。

短期アルバイトだけでは審査に不利

学生に限らず、定期的に安定した収入があることはキャッシング審査に通るための重要な条件です。

なぜなら、キャッシングを利用すると翌月から返済が始まり、毎月決まった金額を確実に返済しなければならないからです。

たとえ金額が少なくても毎月収入があれば返済を続けることができますが、月によっては収入がゼロの短期アルバイトでは、返済が滞ってしまう可能性があるので、審査には通りにくくなります。

申込み内容の記入ミスに注意!

キャッシングの申込み時には、名前、住所、電話番号といった属性情報を正しく申告しなければなりません。

書類をしっかり確認して、間違いのないよう正しい情報を記入するようにしましょう。

うっかり間違った情報を記入して審査に落ちてしまうというケースもあるので、十分に注意が必要です。

悪気がなく単に間違えてしまっただけでも、大きく信用を落としてしまうことになります。

また、電話番号が間違っているなどのミスがあると、連絡がつかないので審査が先に進みません。

このようなもったいないミスがないよう、十分気をつけて申込みをするようにしましょう。

キャッシング情報をごまかすと虚偽の申告になる

他社での借入を行っている場合には、必ず正しい情報を申告するようにしましょう。

借入に関する申告内容に間違いがあった場合、信用情報機関へ問い合わせを行うので必ずわかってしまいます。

また、過去にキャッシングを利用して、返済の遅延や滞納などの事故を起こしてしまっている場合、必ずその後のキャッシング審査にマイナスの影響を与えてしまうので、注意が必要です。

短期間に複数のキャッシング申込みをするのはNG

キャッシングの申込みをするときに、せめて1ヶ所でも審査に受かりたいと複数の会社に申込みをしたくなってしまうかもしれませんが、絶対にやめましょう。

1回に3社以上の金融機関に申込んだ入り、短期間に何社もの金融機関に続けて申込みをすると、マイナスの評価になってしまいます。

キャッシングに申込みをした情報は、消費者金融などの金融機関の間で共有されてしまうので、短期間に次々と申込みをすると、それほどお金に困っているのかというように認識されてしまいます。

どうしてもキャッシングに同時に申込みをしたい場合は、2社までにしておきましょう。

学生でも利用しやすいおすすめキャッシング

ほとんどの消費者金融や銀行カードローンで、学生でもキャッシングを利用することができますが、中でも学生が利用しやすいおすすめの金融機関をご紹介します。

学生でも利用しやすいキャッシングのおすすめポイント

利用しやすいキャッシングの特徴の1つは、大手であること。

多くの人に名前を知られている大手の金融機関であれば、安心して利用することができます。

2つ目は、Web契約が可能であること。

スマホやパソコンからネット経由で申込みや手続きができるので、家族や周りの人にばれにくいという利点があります。

学生にもおすすめのキャッシング

金融機関審査規準特長
プロミス・20歳以上、69歳以下
・本人に安定した収入がある
・学生アルバイト可
・年利4.5%~17.8%
・Web完結も対応可能(OK)
・初回30日間無利息(※)
SMBCモビット・満年齢20才~69才
・安定した収入のある方
・アルバイトの方も利用可能
・年利3.0%~18.0%
・Web完結も対応可能(OK)
・スマホアプリ利用可
楽天銀行
カードローン
・日本国内に居住
・20才から62才まで
・毎月安定した定期収入のある方
・年利4.9%~14.5%
・Web完結も対応可能(OK)
・楽天ポイントが貯まる

(※)30日間無利息サービスは、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です

学生のキャッシングは利用限度額低めがポイント

テレビCMで名前の知られている大手の消費者金融や銀行カードローンなら、ほとんどの金融機関で学生でもキャッシングを利用することができます。

ただし、20歳以上、アルバイトで安定した収入があることが条件です。

また、学生の場合は余裕を持って返済できるよう、低めの金額を申込むのがおすすめ。

高額のキャッシングを申込んでも審査には通らないので、身の丈にあった金額でキャッシングを利用することが大切です。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました