ATMでキャッシングした時の限度額のまとめ

スポンサーリンク

ATMでキャッシングした時の限度額のまとめ

突然現金が必要になった時は、手近にあるコンビニのATMや提携ATMを使ってキャッシングサービスを利用し、お金を引き出すこともあります。

ATMでキャッシングサービスを利用する時にいくらまで引き出せるのか、あるいは借り入れができるのかといった利用限度額は気になりますよね。

今回は大手消費者金融会社や銀行カードローン、クレジットカードでのキャッシングや銀行のキャッシュカードを利用する際のATMの利用限度額をまとめてみました。

[myfp id=”1292833844573c211f148e3″]

消費者金融・銀行カードローンの限度額

アコムやプロミスといった消費者金融や、銀行系のカードローンの場合は、ATMでの1日に利用可能な金額に限度が設けてあることはほとんどありません

契約者の利用限度額の範囲内であれば、回数に関係なく、いくらでもATMから借り入れることができます。

ATMの利用注意点

ATMでの利用金額に制限はありませんが、気をつけるべき点があります。

提携ATMやコンビニATMから借り入れをする場合には、1回の利用金額に対して上限が設定されています。また、ATM利用手数料や振込手数料などがかかることも気をつけましょう。

何十万円といった大きな金額でなければ、1回の手続きで済むので、提携ATMやコンビニATMを利用するのが便利ですが、1回の上限額を超えて使いたい場合には、手数料のことを考えると、専用のATMを利用したほうがよさそうです。

クレジットカードの限度額

クレジットカードのキャッシング枠は、どこのクレジットカードであっても、同じような金額で設定されていることがほとんどです。

現在、クレジットカード会社で決められている1日の利用可能額は50万円までとなっていることが多いようです。

ただし、カード会社によっては、1日の利用可能額を変更することもできます。専用ATMでは、1日の利用可能額を1回の操作でキャッシングできるようになっている場合が多いです。

しかし、消費者金融や銀行カードローンの場合と同様、コンビニATMや提携ATMで利用する場合の上限額は決められています。

提携コンビニATMの限度額

コンビニにあるATMにもいろいろな種類がありますが、全国に多くの店舗があるため設置されている台数も多い、セブン銀行、イーネット、ローソンATMについて紹介します。

セブン銀行

セブン銀行は、主に、セブンイレブンに設置されているATMから利用することができ、1日の利用限度額はカードの種類によって異なります。

ICチップカードの場合、振込限度額が200万円引出限度額は50万円までとなり、磁気ストライプのカードの場合は、振込、引出の限度額とも50万円までとなっています。

イーネット

イーネットとは、ファミリーマートなどに設置されているATMサービスのことです。

利用限度額は、1日ではなく1回あたりの額として決められており、入金の場合は50万円もしくは紙幣59枚まで、出金(借入)の場合は20万円までとなっています。

なお、利用回数に制限は設けられていません。

ローソンATM

ローソンATMの場合も、1回あたりの利用限度額として、決められています。

イーネットと同様、入金の場合が50万円もしくは紙幣59枚まで、出金の場合は20万円までとなっています。

なお、ローソンATMの正式な名称は、ローソン・エイティエム・ネットワークスといいます。

提携銀行ATMの限度額

提携銀行ATMの利用については、かなり複雑になっています。今回は、メガバンクに絞ってご説明します。

三菱UFJ銀行の場合

三菱UFJ銀行の場合には、1日の利用限度額が決められており、引き出しの場合は50万円、振り込みの場合は100万円までとなっています。

みずほ銀行

みずほ銀行も、1日あたりの利用限度額が決まっています。

ICチップカードの場合は、引き出しが100万円振り込みは200万円までとなっており、磁気ストライプカードの場合は、引き出しが50万円振り込みは100万円までとなっています。

三井住友銀行

三井住友銀行も1日の利用限度額が決められており、引き出しの場合は50万円振り込みの場合は100万円までとなっています。

なお、生体認証ICキャッシュカードの場合ですと、引き出し、振り込みのどちらも1日1,000万円までの利用が可能となっています。

[myfp id=”1292833844573c211f148e3″]

まとめ

便利に利用できるATMについてご紹介をしました。

ATMが設置されている場所や種類によって、1回あるいは1日の利用限度額が決められているなど、制限が設けられている場合があります。

また、ATMにはサービスが利用できない時間帯と利用する時間やサービスによっては、手数料がかかる場合がありますので事前に確認しましょう。

利用限度額を気にせずに利用したい場合や利用限度額をオーバーする場合には、専用のATMや金融機関の窓口に行かれることをおすすめします。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました