セブンイレブンのATMでキャッシングする方法を解説!

スポンサーリンク

セブンイレブンのATMでキャッシングする方法を解説!

セブン銀行ATMはセブンイレブンだけではなく、イトーヨーカドーなどにも設置されています。

現在、日本での普及率は一番高くなっているので、多くの方がセブン銀行ATMを利用する機会があります。

セブン銀行ATMでは、ほとんどのキャッシング会社の借り入れや返済ができるようになっています。

このページでは、セブンイレブンでのキャッシングの利用方法や注意点について、ご説明します。

[myfp id=”1292833844573c211f148e3″]

セブンイレブンATMでのキャッシング

セブンイレブンに設置されているセブン銀行ATMは、自分の使いたいカードを機械に挿入すれば、そのカードに対応したメニューが表示されるようになっています。

自動的にカードに対応した取引が開始されるのは、消費者金融会社のカードローンだけではなく、クレジットカードでのキャッシングや銀行のキャッシュカードの取引でも同じです。

基本的にはファミリーマートやローソン、ミニストップなどにある他のコンビニATMでも同じような仕組みになっています。

最近では外国人の利用も多くなっており、「セブン銀行 ATMナビ」というスマートフォンアプリを使って、近くにあるセブン銀行ATMを探すこともできたりと、誰でも簡単に利用できるようになってきています。

キャッシングを利用する時の手順

借入の場合

  1. カードを挿入する
  2. 画面に表示される「取引を開始する」ボタンを押す
  3. 「借入」ボタンを押す
  4. 暗証番号を入力する
  5. 返済方法、借り入れ金額を入力する
  6. 現金、カード、利用明細書を受け取る

返済の場合

  1. カードを挿入する
  2. 画面に表示される「取引を開始する」ボタンを押す
  3. 「返済」ボタンを押す
  4. 暗証番号を入力する
  5. 返済額を入金する
  6. カード、利用明細書を受け取る

利用する金融会社によって詳細が異なる部分もありますが、いずれも難しい操作はありません。

セブン銀行ATMでは、借りる時も返済する時も、カードを挿入した後は画面に表示される案内に従うだけで簡単に利用できるようになっています。

実際にATMの前に立ち、どのようにして利用するのかを迷った時の為に「まずはカードを入れる」ということだけは覚えておくと良いでしょう。

最後は、必ず返却されるカードや発行される利用明細書を受け取ることを忘れないようにしてください。

(参照元:コンビニATM | セブン銀行

セブンイレブンで利用できるカード

コンビニATMからキャッシングサービスを利用できるカードは限られています。

しかし、セブン銀行ATMの場合は利用できないカードを探す方が難しいくらい、大手の消費者金融会社や銀行カードローン、クレジットカードでのキャッシングをはじめ、中小の消費者金融会社のカードローンまで、非常に幅広く対応しているので多くの人がセブンイレブンでキャッシングを利用することが可能です。

とはいえ、大手金融機関以外の場合など中には利用できないカードもありますので、事前にセブン銀行ATMのホームページなどで確認しておくといいかもしれません。

セブンイレブンATMは24時間ではない

深夜0時前後は利用できないカードローンが多い

セブンイレブンにあるATM自体は24時間の利用が可能ですが、キャッシングは利用する会社ごとによって、それぞれ利用可能な時間が設定されています。

現在は、ほとんどの会社で深夜0時前後を除く、0:10~23:50の間で利用可能となっていることが多いようです。

また、機械やネットワークなどのシステムメンテナンスが定期的に行われているほか、時には不定期で行われることもあり、その間は利用できませんので注意が必要です。

大手金融機関の利用可能時間

セブンイレブンでのATMの利用可能時間は、消費者金融や、銀行カードローンの種類によって異なります。ここでは、主な消費者金融会社や銀行カードローンの利用可能時間をご紹介します。

消費者金融

利用可能時間手数料詳細
アコム平日 0:10~23:501万円以下 108円詳細
土曜 0:10~23:50
日曜 0:10~23:501万円超 216円
祝日 0:10~23:50
プロミス平日 0:10~23:501万円以下 108円詳細
土曜 0:10~23:50
日曜 0:10~23:501万円超 216円
祝日 0:10~23:50(※1)
SMBCモビット平日 0:10~23:501万円以下 108円詳細
土曜 0:10~23:50
日曜 0:10~23:501万円超 216円
祝日 0:10~23:50

(※1)ATMにより営業時間、休日が異なります

銀行カードローン

利用可能時間手数料詳細
新生銀行カードローン レイク平日 0:10~23:50無料詳細
土曜 0:10~23:50
日曜 0:10~23:50
祝日 0:10~23:50

セブンイレブンのATM手数料

手数料は利用金額と利用時間帯で異なる

セブン銀行ATMに限らず、専用ATM以外のATMからキャッシングを利用すると、利用手数料がかかります。

利用手数料は、借入時と返済時のどちらにも発生するので手続きをいつもコンビニATMで行っていると1度のローンの利用で、最大432円の手数料を払わなくてはならない場合があります。

利用手数料は、利用する金額と時間によって変わってきますが、利用する金額が1万円未満の場合は108円、1万円以上の場合ですと216円の手数料が毎回かかります。

さらに金融機関によっては、たとえば8時~18時の間なら108円、それ以外の時間は216円というように、利用する時間によって手数料がかかるところもあります。

手数料無料な銀行カードローン

毎回ATMの利用手数料を払うことは、あまり賢い方法とは言えません。

そこで手数料をかけないようにする為には、手数料が無料となっている銀行カードローンを利用するのがいいでしょう。

やはり、手数料を気にせずに利用できることが、セブンイレブンなどのコンビニATMを便利に使えるカギとなります。

例として以下の銀行カードローンは、利用手数料が無料となっています。

また、セブン銀行ATMを利用すると、銀行口座の残高照会のサービス以外では、手数料がかかる場合があります。

そこで、急にお金が必要になってセブン銀行ATMを利用する場合に、例えばレイクなど「利用手数料が無料」で「翌日に返済をすれば金利が発生しない」銀行カードローンからキャッシングする方法があります。

あらかじめ、その銀行カードローンに申し込みをしている必要がありますが、銀行口座からお金をおろすよりも、キャッシングをしてしまった方が利用手数料がお得になる場合もあるのです。

[myfp id=”1292833844573c211f148e3″]

まとめ

セブンイレブンにあるセブン銀行ATMでは、対応しているカードローンの数が多いため、誰もが手軽に利用することができます。

年中無休で営業しているコンビニエンスストアですが、ATMは24時間いつでも使えるというわけではないので、利用する時間が深夜0時付近にならないよう注意が必要です。

セブン銀行ATMは便利ですが、利用手数料がかかる場合がありますので、その点は注意が必要です。

時には、利用手数料が無料の銀行カードローンを利用するなどして、便利かつ上手にセブン銀行ATMを活用していきましょう。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました